プロフィール

石川歯科医院

川口市の石川歯科医院です。
歯科情報や川口市の情報を発信しております。
ぜひ参考にしてくださいね。

カレンダー
 お年寄りの亡くなる原因のトップを占めるのが肺炎であると言われています。
 肺炎というと風邪をひいてそれがおもくなってしまったというイメージですが、実は肺炎の原因の多く(7割以上という報告もあります)が誤嚥性の肺炎であると言われています。
 誤嚥とは、ものを飲み込むときに誤って気道に入ってしまうことですが、元気な人であればめったになく、そうなったらとてもむせてしまいますが、お年寄りで体の反応が弱ってしまった方が、繰り返しむせてしまい、むせても入ってしまったものを充分出し切れない状態が続くと肺炎になりやすくなります。
 さらに深刻なのは、ものが誤って気道に入ってもむせない(不顕性誤嚥)場合で、多くの場合は発熱を繰り返し、さらに重篤な肺炎にかかってしまうことになります。
 また、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)の後遺症で、口から食事が採れずに、胃ろうや、鼻からのチューブ食になっている方が、誤嚥性の肺炎になってしまうことがあります。これは、基本的に口からものを食べないからといって、お口の清掃が行われないため不潔になり、その中の細菌が唾液と一緒に気道に入り肺炎を起こしてしまうからです。残念ながら口から食事をとらない方も唾液を飲み込み続けているということが忘れられがちです。

 そこで、むせることが多くなってしまったり、発熱を繰り返すような方は、一度嚥下の検査をし、正しく飲み込めているか確認し、必要な摂食指導を受けることをお勧めします。
 当院でもある程度の検査はしますが、現在川口工業総合病院の摂食・嚥下外来と提携し必要な検査を受けられるようご紹介するシステムができています。
 また、逆に現在胃ろうや経鼻栄養で生活している方もできるだけ口から食事をとることを望まれる場合、検査することによりその可能性や、今後努力するべきことが見えてきます。
 さらに、寝たきりの方で、どうしても移動できないようなときは、日大歯学部病院との連携で、往診で詳しい検査を受けるようご紹介することが可能です(この場合は住所によってダメな場合があります)。
 以上のように、飲み込みの検査も大事ですが、どんな状態でも、お口の中を清潔に保ち細菌が少ない状態にすることは特に高齢の方の肺炎予防には有効であるといえます。
 当院では、定期健診のときには、虫歯や歯槽膿漏だけでなく、口の中のでき物や飲み込みのチェック、さらにクリーニングを行っています。是非ご利用ください。
 

2017/10/29(日) 09:53 |
 当院は、保険治療を基本にしていますが、矯正や、ホワイトニング、インプラントなど保険がきかない治療が必要な場合や、金属の入れ歯やセラミックの冠のように自費の治療のほうがより良く治すことができる場合に、自費の治療をお勧めすることがあります。(詳しくは、ホームページをご覧ください)
 多くの場合、一つの治療をするときに保険と自費を含めると何通りかの方法が選択肢として考えられます。
 それらを口だけでご説明して、すぐにご理解いただき決断されることはとても無理があります。
 当院では、自費治療のご説明をするときに、あらかじめ保険治療を含めた選択肢の利点、欠点や費用などを整理した文書をご用意し、模型などをお見せしながらご説明します。
 それに関するお答えは、文書をお持ち帰りいただいて、次回まで検討していただいたうえでちょうだいします。
 必要によっては、さらに長期間考えていただて充分に納得していただいてから治療を始めるようにしています。
 当院では、検討していただいた結果、保険治療を選ばれる方のほうが多く、決して無理強いするようなことはありませんので、ご安心ください。
当院で保険がきかない治療をお勧めする場合は、それがお口の中をより良く、快適にできると思われるときだけですが、保険の範囲内の治療を選んでいただいても、できる限り良くなるよう努力しております。

2017/09/18(月) 09:55 |
平成29年度から、成人歯科健康診査が500円で受けられるようになりました。
当院を含めて登録された歯科医院において年1回です。
対象者は、川口市内に住民登録がある30歳以上の方全員です。
歯科健康診査は、虫歯やかみ合わせの状態、歯周病の検査、粘膜のでき物の検査などを行います。
同時に1500円を追加すると歯科ドックも受けられます。
歯科ドックは、主に唾液をチェックします。唾液は、本来お口の中を健康に維持するためにとても大切ですが、本来の唾液としての抵抗能力がどの程度あるか調べるのが目的です。
もし、そこで問題があったらその後、精密検査をお勧めします。
歯科ドックは、ご希望により行っても、行わなくても自由に選べます。
ago.jpg
この検査は川口市と川口歯科医師会の協力により低価格で行われています。
昨年度75歳になった方(昭和16年4月2日から昭和17年4月1日生まれの人)は、埼玉県の健康長寿歯科健診を無料で受けられるためこの健診の対象から外れます。
是非チャンスを有効に利用してください。
詳しくは、お気軽にお問合せ下さい。
メールの場合は。当院のHPのお問い合わせフォームよりお願いします。

2017/08/20(日) 15:31 |
 妊娠されている方が歯が痛くなったりしたらとても不安かもしれませんが、基本的にはどんな治療もできます。
 ここでは、妊娠中のお口の中の状態と治療についての注意点をお話しさせていただきます。
ninpu (132x200)
妊娠中のお口の中
 妊娠中はつわりや食事の回数が増えるなどのことからお口の中が汚れやすく虫歯歯周病になりやすくなってしまいます。
 また、ホルモンのバランスの関係で妊娠性歯周炎にかかりやすくなります。
 さらに妊娠中は血糖値が高くなりやすく、これが歯周病を悪化させます。ひどくなると妊娠性糖尿病になってしまうことがあるので注意が必要です。
妊娠中の歯科治療
 最初の申し上げたようにほとんどの治療は安全に行うことができますが、必要性を充分に考慮し、必要最小限のするべきであることは言うまでもありません。
麻酔の注射 基本的には安全に使えます。 
飲み薬 残念ながら完全に安全なものはありません。症状に応じてできる限り安全性の高いお薬を選ぶことになるのでよく相談してください。
レントゲン撮影 通常の歯科用レントゲンは非常に少ない量ですので、おなかのお子さんが障害を持ってしまうような影響はありません。
フッ化物虫歯予防 安全に使えます。
妊娠後期の治療姿勢  相当おなかが大きくなった妊娠後期では、仰向けの姿勢を無理に続けていると循環障害になって貧血をおこしてしまうことがあります。つらい時は早めに伝えましょう。

 以上のように基本的な注意をはらえば安全に治療を行うことができます。虫歯などを放置しお口の中に虫歯菌が多いと、生まれてくるお子さんのお口の中の虫歯菌も多くなってしまうと言われています。また、歯周病があると早産や低体重出産の危険が高まるという報告もあります。
 必要な治療はしっかりと受け、お口の中のクリーニングや予防処置などもされることをお勧めします。
 ただ、注意するべきこともあるので、歯科医院を受診するときは必ず妊娠していることを歯科医に伝えましょう。
 何か心配なことがあればお気軽にご相談ください。

2017/03/30(木) 16:54 |
 この時期は、皆さん風邪をひきやすい季節ですが、特にご高齢で体の機能が落ちてしまっているかたは、肺炎になってしまう場合があります。
 この、お年寄りがかかってしまう肺炎の60%以上は誤嚥性(ごえんせい)の肺炎であると言われています。
 喉の奥で、飲み込みの反応が悪くなってしまうことによって、本来食道に向かって飲み込まなくてはいけない飲食物が、気管の方に入ってしまいその中のばい菌が引き起こしてしまう病気です。

 このような肺炎は、薬などで熱を抑えても誤嚥が続いている限り、繰り返し起きてしまうのが特徴です。その度に少しずつ体力が落ちてしまい、最期には取り返しのつかない状態になってしまうことがあります。 このように、肺炎を繰り返すような場合や、原因不明の微熱が続いてしまうような時は、熱が落ち着いたら、急いで飲み込みの反応のチェックをする必要があります。
 その状態に応じて食事のとり方を変えたりリハビリテーションをして誤嚥を予防し、十分にお口の清掃をしてばい菌を減らすことが大切です。簡易的な飲み込みのチェック方法がありますが、詳しくは、内視鏡などを使った検査をすることもあります。
 ご高齢の方や、寝たきりなどで十分なお口の清掃ができない状態で、外出が難しいような場合は、訪問して検査やリハビリテーションを行ったり、実際に清掃をしたりご指導もできますので、お気軽にご相談ください。


2017/02/09(木) 18:17 |
検索フォーム
ユーザータグ

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR